メスは使わない 『臍帯血(さい帯血)移植』

臍帯血(さいたいけつ)の造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)の移植は、白血病など難治性血液疾患の治療で実績を誇っています。では、臍帯血移植とは、どんな治療なのでしょう?

細胞には寿命があり、輸血されてから一定の時間が経つと、赤血球・白血球・血小板などの血液細胞は寿命を迎えて活動を停止させます。ところが、幹細胞は自分自身を複製するとともに別の細胞に分化する能力をもっています。臍帯血の造血幹細胞は、細胞分裂で造血幹細胞を新たにつくりだすとともに、血液細胞に育つことができます。つまり、移植された造血幹細胞は、患者さんの体内で新しい血液をつくるという活動を続けることができるのです。そして、体の中で新たに血液をつくり続けてもらうことが臍帯血の造血幹細胞移植の目的です。

血液がんになると、造血幹細胞等ががん化してしまいます。そこで、まず、がん化した細胞を抗がん剤や放射線治療で破壊してから、正常な造血幹細胞を移植します。

臍帯血は出産直後しかとれませんので、採取された臍帯血は臍帯血バンクで冷凍保存されています。冷凍状態で病院に搬送された臍帯血は、解凍後、点滴の要領で患者さんの血管に注入されます。これが臍帯血の造血幹細胞移植です。こうして、病気の細胞が健康な血液細胞に置き換えられることになります。