気相(きそう)

液体窒素(えきたいちっそ)が入っているタンク内の液体部分を液相(えきそう)、液面上の空間部分を気相(きそう)と呼びます。

万が一、タンク内に汚染された臍帯血(さいたいけつ)がまぎれこんでいた場合、液体内に浸して保管されているよりも空間部分で保管されている方が、他の臍帯血に汚染が広がる危険性は低くなります。現在の検査では発見できない未知のウイルスに感染していた場合を想定した対策です。